菅直人副総理兼財務相は19日夕、日本航空の会社更生法申請について「政権交代があったから透明性の高い形での再生に踏み切れる。過去の政権が再生に失敗してきた中で再スタートとなる」と述べ、企業再生支援機構の管理下で抜本的な経営改革を進める方針を強調した。同社の経営悪化の原因については「親方日の丸の体質や政治的、行政的な関与があった」と指摘した。財務省内で記者団の質問に答えた。
 日航が法的整理になったことについて財務相は「支援機構は早い段階から法的整理を検討し、わたしも理解していた。税金を使うので透明性の高い形が必要だ」と説明。運航継続に対する不安については「事業が継続できるように必要な資金はきちんと用意する」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

本当に“派遣村”だった? 存在意義めぐり議論(産経新聞)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃-さいたま地裁(時事通信)
AD