人類初の小惑星の岩石採取に挑戦した探査機「はやぶさ」が、地球の引力圏内に突入する軌道に到達した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が14日、明らかにした。はやぶさの地球への帰還がほぼ確実になり、採取した岩石を入れるカプセルが地球へ戻る可能性が高まった。

 はやぶさは03年5月に打ち上げられ、地球と火星の間の軌道を回る小惑星「イトカワ」に向かい、2度の着陸と離陸を成功させた。トラブルに見舞われ、帰還予定は3年延びたが、13日に地球から約150万キロの地球引力圏の内側を通過する軌道に乗せることに成功した。14日現在、はやぶさの地球までの距離は約5900万キロ。今年3月中旬まで主エンジンの運転を続け、より地球に近付ける。今年6月に地球へ到達する予定。【永山悦子】

【関連ニュース】
ロシア宇宙庁:「2032年に小惑星が地球に衝突」
国産衛星:はやぶさ、おおすみ…誰が命名?
小惑星:「2032年に地球衝突」 ロシア宇宙庁、対策検討へ
小惑星:埼玉在住・佐藤さんが発見、「臼田」と命名 /長野
的川博士の銀河教室:063 はやぶさ頑張れ!

小沢氏、東京地検の聴取応じる方向(読売新聞)
山岡氏、外国人参政権法案提出は「予算成立のメド立ってから」(産経新聞)
宮崎監督提案の公園デザイン展(産経新聞)
15年前から預金担保融資=担当者交代も継続-「偽装」小沢氏関与か・陸山会事件(時事通信)
石川知裕議員が出頭、取り調べ…東京地検特捜部(読売新聞)
AD