日本慢性期医療協会(武久洋三会長)は1月15日、今年4月から慢性期病院の認定審査を開始すると発表した。同協会では、「認定審査によって、慢性期医療を担う病院の質の向上を目指す」としている。

 同協会の会員のうち、立候補した病院を認定審査の対象とする。審査は担当者が直接現地を訪問して行い、一定の基準に達した場合、同協会が認定する。

 また、審査をする上では、(1)医療(2)薬剤(3)看護・介護(4)リハビリテーション(5)検査(6)栄養(7)医療安全・院内感染防止対策(8)終末期医療(9)チーム医療(10)地域連携―の10領域から構成される「慢性期医療のClinical Indicator(試案)」という評価の指標を用いるとしている。審査開始までの間に指標の項目などを変更することもあり得るという。


【関連記事】
在宅復帰率や医療区分の改善率に基づく評価を―次期改定で日慢協
第三者に見える「良質な慢性期医療」が必要―09年回顧と10年の展望 日本慢性期医療協会・武久洋三会長
医療療養病床の在宅復帰率は46%-日本慢性期医療協会
慢性期医療協会が毎日社説に抗議文
病院病床の再編が最大の課題―厚労省審議官

現在32ポスト、大阪府の天下り10を削減(産経新聞)
日航株、7円で大量取引=連日のストップ安(時事通信)
白石一文さん直木賞初父子受賞(スポーツ報知)
<原発建設>反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部(毎日新聞)
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕-大阪府警(時事通信)
AD