阪神大震災の犠牲者を追悼する「いま、わたしたちに、できること。2010 KOBE MEMORIAL 1・17 灯(あかり)のつどい」が16日、東京都千代田区の東京国際フォーラムであった。

 ボランティア団体などでつくる「東京災害ボランティアネットワーク」が毎年開催。会場には、ろうそくを入れた竹筒やグラスなど計約800個が並べられ、火をつけると「1・17 KOBE」の文字が浮かび上がった。

 神戸市出身で自宅が全壊したという東京都港区の女性会社員(30)は「悲劇を少しでも減らすために、家具の固定など身近な備えをみんなにしてほしい」と話した。【福永方人】

【関連ニュース】
阪神大震災:「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る
阪神大震災:09年の孤独死62人
ハイチ大地震:首都は震度7以上の激しい揺れ…震度を推計
甲子園球場:新たな芝植え始まる 82年オフ以来
記者の目:阪神大震災の震災障害者問題=川口裕之

天明屋尚展 ミヅマアートギャラリー 日本の伝統文化を意識(産経新聞)
ハイチ大地震 医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り-日航更生法申請(時事通信)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
AD