「陸山会」の土地購入を巡る事件で、民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)が5000万円の授受に関与したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部について、「名刺が残っていたので会ったことがあるのかもしれない」と周辺関係者に話していることが分かった。東京地検特捜部にも同様の供述をしているとみられる。石川議員は任意段階の取り調べには「会ったこともない」と面識を否定していた。

 元幹部は04年10月、東京都内のホテルで石川議員に現金5000万円を渡したとされる。石川議員は周辺関係者に、名刺が残っていたことを理由に「どこかで一度会ったかもしれない」と説明。一方で「面会した事実については記憶には残っていない。5000万円は絶対に受け取っていない」と話しているという。

【関連ニュース】
【写真で見る】小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
民主党大会:異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮

痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
地方からの発信が魅力 富良野塾OB久保隆徳さん「人の温度が感じられる」(産経新聞)
社民・福島氏「小沢氏は説明を」(読売新聞)
<秋田県>減反未達成農家への罰則廃止 10年度から(毎日新聞)
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」(産経新聞)
AD