総務省は15日、同日付で鈴木康雄事務次官が退任し、後任に岡本保総務審議官が就任する人事を決めた。鈴木氏は総務省顧問となるが、昨年7月の次官就任から約半年での異例の交代となった。原口一博総務相は同日午前の閣議後会見で「更迭ではない。鈴木氏には今後、政治任用を含めて働いてもらいたい」と語った。

 岡本氏の後任には小笠原倫明情報通信国際戦略局長が就任する。そのほかの人事は以下の通り。【石川貴教】

 小笠原倫明(おがさわら・みちあき)氏 76年京大経卒、旧郵政省入省。総務省公務員部長、情報通信政策局長などを経て08年7月から現職。宮城県出身。55歳。

胸付近を狙い発砲=昨年から妻に暴力か-自殺の容疑者・大阪居酒屋発砲(時事通信)
高額サリドマイドに補助金、調査協力名目で(読売新聞)
「民主党政権は30年続く」はずだったが…(産経新聞)
<雷保護装置>発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
AD