総務省は15日、同日付で鈴木康雄事務次官が退任し、後任に岡本保総務審議官が就任する人事を決めた。鈴木氏は総務省顧問となるが、昨年7月の次官就任から約半年での異例の交代となった。原口一博総務相は同日午前の閣議後会見で「更迭ではない。鈴木氏には今後、政治任用を含めて働いてもらいたい」と語った。

 岡本氏の後任には小笠原倫明情報通信国際戦略局長が就任する。そのほかの人事は以下の通り。【石川貴教】

 小笠原倫明(おがさわら・みちあき)氏 76年京大経卒、旧郵政省入省。総務省公務員部長、情報通信政策局長などを経て08年7月から現職。宮城県出身。55歳。

小沢氏の資金管理団体捜索=東京地検(時事通信)
自民「小沢氏の責任」=公明幹部「わが党なら議員辞職」(時事通信)
在宅起訴なら不公平=小沢氏団体の土地購入問題-自民総裁(時事通信)
「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑-大阪地検(時事通信)
「権力の行使は問題」小沢氏が検察批判(読売新聞)
AD