生後7カ月の病気の長男を、宗教上の理由から病院に連れて行かずに死なせたとして、福岡市東区の宗教法人「新健康協会総本部」職員の夫婦が殺人容疑で逮捕された事件で、同協会のほかの信者が長男の「治療」にかかわっていたことが14日、福岡県警東署捜査本部への取材で分かった。
 高月秀雄(32)、邦子(30)両容疑者は、長男嘉彦ちゃんが生後2、3カ月でアトピー性皮膚炎を発症し、細菌感染で重篤な状態になったにもかかわらず、協会の教義に従って手をかざすことで病気やけがを治すという「浄霊」や、「御霊紙」と呼ぶ和紙を張り付けるなどしただけで、病院には連れて行かず、敗血症で死なせたとされる。
 捜査関係者によると、ほかの信者数人も両容疑者の自宅を訪れ、浄霊を行っていた。夫妻だけでは嘉彦ちゃんの症状が改善しなかったため、協会の中でも「より力がある」とされる信者が加わった。 

【関連ニュース】
中国籍の女に死刑求刑=夫と替え玉3人殺害で検察側
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
土浦連続殺傷、死刑確定=金川被告、控訴取り下げで
80歳、認知症の妻殺害=「一緒に暮らしたい」施設退去し

飲酒運転繰り返す、鹿嶋市職員2度目の懲戒免職(読売新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見-最高裁(時事通信)
首相「大変驚いている」…石川議員逮捕(読売新聞)
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)
ネカフェ難民がネットで詐欺(スポーツ報知)
AD