10人乗りの第2山田丸遭難事故で、同船を所有する山田水産(長崎市)は14日、長崎県・五島列島沖の東シナ海の現場海域の海中で、同船らしき船影を見つけたとの連絡を受けたと発表した。僚船がソナーと魚群探知機で捜索した結果、分かったという。
 長崎海上保安部(長崎市)が確認を急いでいる。 

【関連ニュース】
捜索2日目、手掛かりなし=10人乗り漁船遭難
「助けに来ました」「ありがとう」=潜水士ら、救助の様子語る
船体の実況見分も検討=不明4人の捜索続く
漁船遭難・識者談話
転覆時「船室に残り、4人は外へ」=救助の3人、船長は死亡

献金割り振り表は「大久保被告が持参」(産経新聞)
千葉真子さんが子供たちに“夢”指導 滋賀・草津(産経新聞)
代表質問は19日で合意(産経新聞)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故-北海道(時事通信)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
AD