鳩山由紀夫首相が、昨年末から始めた会員制登録サイト「ツイッター」などの読者からの提言に関心を持っていることが分かった。内閣参与の平田オリザ氏が19日のインターネット関係の政府の会合後、記者団に明らかにした。
 首相はツイッターのほか、今月からはインターネット上でブログを始め、公務の感想などをつづっている。平田氏によると、首相は「まじめな提言が多いので、くみ取っていけるものはくみ取っていきたい」と語っているという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
枝野補佐官、発令は4月以降=鳩山首相
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮
小沢氏聴取、早期実現を=民主に慎重対応求める

雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
中央防災会議 被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
勢いそぐ「政治とカネ」=民主、16日に党大会(時事通信)
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)
AD