JR福知山線脱線事故で、神戸地検が井手正敬元相談役(74)ら歴代トップ3人を2度目の不起訴処分としたことを受け、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」は17日、起訴すべきかどうかを再審査する神戸第1検察審査会に対し、「起訴相当」議決を求める意見書を27日に提出することを決めた。意見書では、来月中旬をめどに遺族の意見陳述の機会を設けることも、あわせて要請する。

 改正検察審査会法に基づき、検察審査会が再び「起訴相当」を議決すれば、裁判所が指定した弁護士が強制的に起訴する。

【関連記事】
高まる検察審査会の存在感 JR西歴代3社長はどうなる?
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西と遺族、23年3月めどに報告書
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感

ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
上野の路上でタンク落下 液体浴び3人病院搬送 過酸化水素水か(産経新聞)
<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)
「ガス検査です」独居女性宅上がり込み窃盗 警視庁が容疑の男を逮捕(産経新聞)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
AD