国の文化審議会(西原鈴子会長)は15日、静岡県沼津市の「沼津内浦・静浦および周辺地域の漁労用具」など3件を重要有形民俗文化財に、富山県入善町で行われる小正月の行事「邑町(むらまち)のサイノカミ」など2件を重要無形民俗文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで重要有形・無形民俗文化財はそれぞれ210件と266件となる。
 沼津市では大正初期まで、マグロ、カツオを最大20人程度の集団で網に追い込む「オオアミ漁」が行われた。長さ約264メートルの網、山の上から魚の位置を知らせる竹製の拡声器「ローフー」などが指定対象となる。
 文化審はほかに、国の有形民俗文化財に4件を登録するよう川端文科相に答申。記録作成などの措置を講ずべき無形の民俗文化財に5件を選択するよう玉井日出夫文化庁長官に答申した。 

「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
<千葉大生殺害>前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述(毎日新聞)
外国人参政権法案 小沢氏、政府提出に固執(産経新聞)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
鳩山首相、指揮権発動を否定=小沢氏団体事件で-衆院代表質問(時事通信)
AD