パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏(72)と元品質管理部長、鎌塚(かまつか)渉(59)両被告の公判が18日、東京地裁(半田靖史裁判長)で結審した。最終弁論で弁護側は「事故は予測できず、統一的な点検も不可能だった」と無罪を主張した。検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑しており、判決は5月11日。

 弁護側は最終弁論で「営業所への文書配布など対策は取っていた。過去の事故情報を入手していた経済産業省が、ガス事業者を指導して点検することが最善の策だった」と主張した。【安高晋】

【関連ニュース】
男女死亡:明治神宮近くの車内で…露天商夫婦?CO中毒か
一酸化炭素中毒死:車内で除雪作業員 排気口に雪、排ガス逆流か--妙高 /新潟
大分川ダム工事CO事故:排気管の長さ不十分、労基署など調査 /大分
CO中毒?:6人倒れる トンネル内で作業中、軽症--大分市

被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)
<ハイチ大地震>政府の医療チーム、C130輸送機で派遣へ(毎日新聞)
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設(産経新聞)
パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」-警視庁(時事通信)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
AD