理化学研究所は、複数の米研究機関と共同で、ダイズのゲノム(全遺伝情報)の解析に世界で初めて成功した。マメ科の主要作物で、バイオ燃料用途でも注目を浴びるダイズの重要性は世界的に高まっており、遺伝的形質の理解や有用品種開発の効率化に役立つ成果。14日発行の英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 研究チームは、発芽後約3週間のダイズからDNAを抽出し、11億1千万塩基対と推定される塩基配列のうち、約85%に当たる9億5千万塩基対以上を解読。理研が国内の代表的な栽培品種ダイズである「農林二号」から収集していた遺伝情報の解析データなどを基に、4万6430種の遺伝子を同定した。

 また、解読した塩基配列を20対ある染色体ごとに整列させて遺伝子の重複を解析したところ、広範囲に類似部分があると判明。現在のダイズのルーツは、5900万年前と1300万年前に、ゲノム全体がコピーされて遺伝子の数が倍になる「全ゲノム重複」という現象により、染色体の再配置などが起きたことが分かった。

 ダイズの染色体数はマメ科植物の中で特に大きく、他のマメ科植物との遺伝的関連が明らかになっていなかった。(伊藤壽一郎)

【関連記事】
日本人のルーツは東南アジア? 研究グループがゲノム解析
「病気体質」判定も 解析技術の開発進む
免疫力高め、がん細胞たたく “第4の治療”に期待高まる
シイタケのゲノム解読 森林総研 品種改良、産地偽装防止に効果
がんのワクチン療法に延命効果 免疫との関係を初実証

こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
「孫の成長報告を」震災で母失った娘ら、鎮魂のつどい初参加へ(産経新聞)
民家全焼で男性死亡 東京・世田谷(産経新聞)
<共産党大会>志位委員長ら再任へ(毎日新聞)
容疑者23日間病気休暇、減給の過去 発砲3人殺害で市長陳謝(産経新聞)
AD