政府は12日、今年取り組む重要課題や問題意識を閣内で共有化するため、約2時間にわたって閣僚懇談会を開いた。閣僚懇は通常数十分で、これだけ長時間行うのは異例。各閣僚が約5分ずつ意見を述べた後、衆院選のマニフェスト(政権公約)で掲げた一般会計と特別会計を含めた総予算の見直し作業の進め方などについて意見交換した。【野原大輔】

【関連ニュース】
事業仕分け:9692億円の歳出削減 行政刷新会議で報告
山岡国対委員長:首相実母や小沢氏の参考人招致拒否の意向
政務三役:15人増員へ 議員立法で定員変更 政府方針
民主:2次補正予算案、月内成立の方針を確認
通常国会:18日召集 閣議決定

<無料低額宿泊所>厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別(毎日新聞)
毎日新聞 編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)
丈夫な赤ちゃん待ってます、恒例の母羊散歩(読売新聞)
<最高裁>「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
AD