平野博文官房長官は18日午前の臨時閣議後の記者会見で、鳩山由紀夫首相が小沢一郎民主党幹事長に「(検察と)闘ってください」と語ったことについて「党の代表として、幹事長職にとどまって頑張るということに対する激励、了承の発言ではないか」と述べ、問題はないとの認識を示した。
 小沢氏の元秘書逮捕を受け、報道各社の世論調査で内閣と民主党の支持率が下落していることには「真摯(しんし)に受け止めなければならない。国民生活第一の施策を実現することが課せられた使命だ」と強調した。小沢氏の説明責任については「幹事長が判断して、適切な時に説明を果たしていくと思う」と述べるにとどめた。
 菅直人副総理兼財務相も「闘って」発言に関し「首相の説明は納得できる」と擁護した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「鯨を救うことは戦争」と報道する オーストリアメディアの異様ぶり(J-CASTニュース)
贈賄申し込み容疑で業者逮捕=山梨・上野原市長に-警察当局(時事通信)
小中学校「土曜の授業」OK…東京都が指針(読売新聞)
陸山会疑惑で大島氏「民主は異常」 首相は「小沢氏自身が判断」(産経新聞)
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
AD