企業再生支援機構は13日、日本航空支援の検討に絡み、再建計画の中にマイレージや商取引債権などの保護を盛り込んでいると発表した。日航への会社更生法適用を前に、取引先や顧客などの間に不安が広がり、安定・安全運航に支障が生じるのを防ぐため、支援決定前に公表した。
 同機構は、検討計画では資金を十分確保した上で、「通常の運航・営業継続を意図している」と強調。具体的な内容として、マイレージなどの保護に加え、(1)航空券は変更、払い戻しを含め、従来通りの利用が可能(2)航空機リース(料)は従来通り支払う(3)すでに発行された株主優待券は利用可能-としている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
日航CEOに稲盛氏=政府要請を受諾、無給で

<タクシー>事故防止へ室内カメラ…2千台に装備 北海道(毎日新聞)
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討(医療介護CBニュース)
<地震調査>家具固定せず、首都圏の4割強(毎日新聞)
福岡市で民家全焼、男性の焼死体(読売新聞)
インフル患者、依然減少=ほとんど新型-感染研(時事通信)
AD