夜の住宅街に突然、銃声が響いた。12日夜、大阪府羽曳野市で3人が死亡、1人がけがをした猟銃の乱射事件。

 地域の人らが集う居酒屋での惨劇に、近所の住民らは「一体何が起こったのか」と驚きの声を上げた。

 常連客によると、居酒屋「いーちゃん」は近所の人らがよく店を訪れ、にぎわっていたといい、発砲した男も時折、客として来店していたという。

 「『バーン』という大きな音がした後、連射するような音が聞こえた。交通事故かと思って居酒屋に行くと、店の前で男性が血を流して倒れ、その横で女性が何かを叫んでいた。路上に猟銃があった」。近くの飲酒店経営男性(36)は事件直後の様子をこう語った。

 発砲した男は約15年前から狩猟を始め、和歌山の山中へイノシシを撃ちに行ったばかりだったという。同行した狩猟仲間は「男は前日も普段通りの様子だった。何も変わったことは聞いていない」と話した。

埼玉県警の宿舎物置でボヤ、失火か不審火か(読売新聞)
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本-埼玉県警(時事通信)
「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待-鳩山首相(時事通信)
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目(医療介護CBニュース)
小沢氏の会見は「一転低姿勢」に なぜ?検察批判も封印(産経新聞)
AD