政府は13日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関して、首相官邸と沖縄県の各自治体との連絡を緊密化するため、内閣官房の分室を同県内に設置する方向で検討に入った。政府高官が明らかにした。
 平野博文官房長官は先の沖縄訪問で、仲井真弘多県知事に、首相官邸と地元自治体との情報連絡を強化する意向を伝えている。同長官は13日午前の記者会見でも「(沖縄の)情報がもっと首相官邸に上がってくる仕組みを考えたい」と述べた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕日米外相会談を評価=鳩山首相
鳩山政権の立場に懸念=沖縄県知事と会談
日米外相会談のポイント
「非常に有意義」=日米外相会談を評価
日米外相会談の要旨

企業献金廃止に反対=谷垣・自民総裁(時事通信)
<人事>内閣法制局長官 後任に梶田氏(毎日新聞)
日航CEO、「前向きに検討」=稲盛京セラ名誉会長(時事通信)
<官房副長官補>福田氏後任に佐々木豊成氏 内政担当(毎日新聞)
覚せい剤入りゴム袋、大腸内に7個…組員逮捕(読売新聞)
AD