八ッ場ダムの建設推進派住民らでつくる「八ッ場ダム水没関係5地区連合対策委員会」は12日、建設予定地の群馬県長野原町で会合を開き、前原誠司国土交通相との意見交換会を、24日に開くことを正式に決めた。

 萩原昭朗委員長らによると、会合は24日午後2時から同町の体育館「若人の館」で約1時間半を予定。5地区の住民なら誰でも参加できるが、発言者は川原湯地区から4人、残る4地区から各2人程度を選ぶ。

【関連ニュース】
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
雑記帳:CD「八ッ場エレジー」やるせなさ託し
八ッ場ダム:地元が国交相と1月に会談へ
群馬・八ッ場ダム建設:早期完成求めて決議を採択--建設推進全体協
群馬・八ッ場ダム建設:地元住民、前原国交相と来月会談へ

ひったくり防止のバッグ 杉並区が作成(産経新聞)
<水俣病未認定患者>国も和解協議へ 環境相(毎日新聞)
「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官(産経新聞)
病院と診療所の再診料、格差是正へ=10年度診療報酬改定で骨子-中医協(時事通信)
海外任務の能力向上=インド洋給油終結で統幕長(時事通信)
AD