老人福祉法の有料老人ホームとみられる施設のうち、29都府県の389か所は依然として無届けのままであることが13日、厚生労働省のまとめでわかった。

 調査が行われたのは昨年10月末現在。それによると、半年前の4月末時点で、446か所の無届けホームが確認されていたが、うち44か所は食事の提供がないなど、有料ホームに該当しないことが判明。反面、新たに163か所が有料ホームとみられる施設なのに、都道府県に届け出ていなかった。

 届け出を指導した結果、応じたのは約3割の176か所だけ。差し引き389か所が無届けのままになっている。入居者の待遇に問題があることで改善指導を受けたのは、届け出た施設を含む213か所だった。有料ホームに関する国の指針では、「居室は個室」「入居者1人あたりの床面積は13平方メートル以上」などと定めてあるが、1部屋に複数の人が生活したり、居室面積が狭かったりするなどの問題点がみられた。

「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
<コンビニ強盗>前橋周辺で男2人組 年末から4件目(毎日新聞)
徳島特産の藍染めで「鳴門の渦潮」 大阪のホテル(産経新聞)
大阪、京都など7府県「関西広域連合」基本合意(読売新聞)
“厳しさ”実感 寒中みそぎ 神田明神(産経新聞)
AD