和歌山県の仁坂吉伸知事は13日の会見で、県立医大の理事長(学長)選について、次期理事長に選出された板倉徹教授(63)を含む候補者3人が同大で昨年判明した研究委託費の不適正経理の「当事者や監督責任がある」ことを理由に、選出結果について「熟慮」を求めたことを明らかにした。

 次期理事長の任期は4月1日からで、任命権は仁坂知事にある。ただ、仁坂知事は会見で「大学の自治権は大切にしたい」とも述べた。

<植物ウイルス>梅1500本伐採も 東京・青梅の名所(毎日新聞)
倉科カナに110番!引ったくり通報受理の擬似体験(産経新聞)
郵政再編めぐる「亀井VS原口」 主導権争いが再燃?(J-CASTニュース)
荒川区で車12台壊される=器物損壊容疑で捜査-警視庁(時事通信)
大阪・羽曳野射殺 「銃刀法検証も」 警察庁長官(産経新聞)
AD