気象庁は12日、急速に低気圧が発達する影響で、山陰から北陸では12日夜から13日朝にかけ、沿岸と海上を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなる恐れがあるとして注意を呼びかけた。西日本では広い範囲で平地でも積雪があり、大雪になるところもあるとしている。

 気象庁によると、中国大陸にある強い寒気が13日朝に日本海へ流入するのに伴い、12日夜には日本海で低気圧が急速に発達。13日朝にかけて西日本に強い寒気が流れ込み、西高東低の冬型の気圧配置が強まる。

 全国的に風が強まるとみられる13日朝以降の予想最大風速は、陸上で15~23メートル、海上で20~25メートル。波の高さは近畿北部、九州南部・奄美で6メートルに達する見込み。低気圧周辺では落雷や竜巻など激しい突風に注意が必要という。

 西日本では12日夜から雪が降り、平地でも広い範囲で雪が積もるとみられる。13日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多いところで、近畿北部で40センチ、中国地方で35センチ、九州北部地方で20センチ、四国地方(山地)で10センチ。

 また、北日本や東日本の日本海側でも13日朝から雪が強まり、14日にかけて大雪の恐れがある。気象庁は、積雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪などにも注意が必要としている。

【関連記事】
NY原油、米寒波緩和の予想で82ドル台に反落
インド、寒波で死者288人
北京の凍った池で寒中水泳
ユーロスターまた故障 海峡トンネルで立ち往生
欧州の寒波で100人以上が死亡 交通混乱も続く

政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
「夫婦別姓」子供たちの姓は統一…民法改正案(読売新聞)
【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)
石川議員を再聴取=捜査方針近く判断-東京地検(時事通信)
東北、上越、長野新幹線が停電で一時運転見合わせ(産経新聞)
AD