昨年1年間に日本に入国した外国人は758万1322人で、前年より約156万人(17.1%)の大幅減となったことが12日、法務省入国管理局のまとめで分かった。ピークの07年から2年連続の減少で、減少幅は71年(マイナス22.8%)に次いで2番目。世界的不況や新型インフルエンザの発生などが原因とみられる。

 一方、日本人の出国者は1544万5530人で、前年比約54万人減だった。

捜査書類など隠した疑い…巡査長を書類送検(読売新聞)
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断-専門家会議(医療介護CBニュース)
マイレージに株主優待券 JAL法的整理でも使えそう(J-CASTニュース)
訃報 武藤信一さん=三越伊勢丹ホールディングス会長(毎日新聞)
シベリア抑留に給付金支給へ、特措法成立見通し(読売新聞)
AD