九州北部は12日、寒気の流れ込みで冷え込み、各地で雪が降った。福岡管区気象台によると、同日夜から13日にかけ、この冬一番の強い冬型の気圧配置となる見込みで、大雪による交通障害や、海上の強風やしけに警戒が必要だという。

 同気象台によると、福岡県内の12日の最低気温は午後11時時点で、福岡市3・3度▽北九州市2・2度▽飯塚市0・1度▽久留米市氷点下0・3度‐で、いずれも夜に入って最低を記録した。

 雪は13日にも断続的に降り続く見込みで、同気象台などの予報では、13日午後6時までの積雪は山間部で最大10センチ、平野部で最大5センチ。

 また長崎市の漁船「第2山田丸」が12日に遭難した五島列島沖を含む九州西方海上は、最大風速15-20メートル、波の高さ4-5メートルとしける見込み。対馬海峡や豊後水道も16-18メートルの強風という。

   ◇   ◇

 西日本高速道路によると、雪の影響で12日午後11時半時点で大分自動車道の日田‐大分間などが通行止めとなった。

=2010/01/13付 西日本新聞朝刊=

阪神大震災、遺族半数「悲しみ癒えず」(読売新聞)
阪急事故で男性はねられ死亡(産経新聞)
次世代電力網で日本連合後押し=24社でフォーラム-経産省(時事通信)
大雪で夜行列車など運休 (産経新聞)
<民間人校長>採用の元会社員に盗撮で逮捕歴、辞退 横浜(毎日新聞)
AD