覚せい剤を詰めたゴム製袋を大腸内に隠して中国から密輸したとして、大阪府警と大阪税関は15日、大阪市此花区酉島、山口組系暴力団組員・林徹容疑者(31)を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕したと発表した。

 大阪地検は同日、同法違反で起訴した。

 発表や起訴状によると、林容疑者は昨年12月24日、ゴム製袋(長さ約5センチ)7個に覚せい剤計約150グラム(末端価格約900万円)を小分けして入れ、広東省から関西空港に持ち込んだとされる。

 飛行機内で林容疑者がけいれんを起こしたため、着陸後に病院へ緊急搬送。検査のためのコンピューター断層撮影(CT)で発覚した。調べに対し、「中国人の女に報酬20万円で頼まれた」と認めているという。

カジノ構想「興味ある」=沖縄知事(時事通信)
シベリア抑留に給付金支給へ、特措法成立見通し(読売新聞)
桜井茶臼山古墳 副葬銅鏡が81枚に 卑弥呼時代のものも(毎日新聞)
15日夕に部分日食=那覇で最大6割-国立天文台(時事通信)
<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
AD