平野博文官房長官は14日の記者会見で、18日召集の通常国会から、内閣法制局長官には国会答弁をさせないことを明らかにした。官僚答弁を禁止する国会審議活性化関連法案の成立を待たずに、法制局長官を国会答弁ができる「政府特別補佐人」から除外する。憲法解釈に関する答弁は各閣僚が質問に応じて行う。

 法制局長官は自民党政権下で憲法解釈権を事実上握り、「法の番人」と呼ばれたが、平野氏はこのような考え方を「法制局長官は法的見地から内閣に助言する立場だ。法の番人という認識は少し違う」と退けた。

 政府が永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案を国会へ提出した場合、憲法論議は必至のため、法制局長官の答弁禁止は審議に影響を与えそうだ。

【関連記事】
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた
森田健作知事「国籍持って投票を」 外国人参政権付与に反対表明
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官
社民・又市副党首「様々多難な年みたいな予感が」 小沢氏問題で
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白

CIAが協力、偵察衛星で温暖化解明(読売新聞)
有楽町線、運転再開 12万1000人に影響(産経新聞)
<普天間移設>訓練など一部機能を関空に 国民新党が提案へ(毎日新聞)
<長妻厚労相>社保庁職員よ、本当のことを言いなさい 現役・OB2万人に呼びかけ(毎日新聞)
<縫い針混入>商品から3本見つかる 埼玉のスーパー(毎日新聞)
AD