鳩山由紀夫首相は14日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、「小沢幹事長の人事を見直す考えはあるか」との記者団の質問に対し、首相公邸前で「小沢幹事長の体制で、ここまでやってきた。選挙も厳しい中を乗り越えてきた。それがあるから、私としては今その考えはありません」との考えを示した。
 小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じるかどうかについて、首相は「本人の判断次第だ」と語った。通常国会への事件の影響については「できるだけ影響を与えないように一生懸命やるしかない」と強調。夏の参院選に関しても「それまでの間に、この問題も解決して全党一丸となって臨むしかない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

病院の療養病床、11か月連続で減少―医療施設動態調査(医療介護CBニュース)
家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
郵政検証委の設置を発表=総務省(時事通信)
けが人10人に 横浜化学工場爆発で実況見分 高圧釜が爆発か (産経新聞)
<自動車総連>賃金カーブを維持 春闘方針決める(毎日新聞)
AD