新春恒例の「歌会始の儀」が14日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。今年のお題は「光」。天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方のお歌のほか、陛下に招かれた召人(めしうど)で文芸評論家の武川忠一さん(90)や、選考対象となった2万3346首の一般応募から入選した10人の歌などが、伝統にのっとった節回しで披露された。

 陛下は、皇居・吹上御苑の小道で、光が木々の間から差し込んでいる場所に、草が青く生えている情景を歌にされた。

 皇后さまは、ご結婚50年を迎えた昨年4月ごろ、暮れなずむ皇居内を陛下と散策された折の印象をお詠みになった。

 皇太子さまは平成20年夏、富士山で見たご来光が、山肌を燃えるように赤く染めた情景を詠まれた。

 雅子さまは、赤坂御用地を冬に散策した際、池のさざ波が日光を受けて輝いた様子を詠まれた。病気療養中のため儀式への出席は控えられた。

 一般からは、記録が残る昭和38年以降で最高齢となる東京都目黒区の無職、古川信行さん(94)や、全盲の堺市北区の主婦、森脇洲子さん(69)らが入選した。最年少は48歳だった。

【関連記事】
歌会始に堺市の全盲女性 詠んだのは「心の中の光」
歌会始の儀、入選者10人決まる
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず
皇居で新年一般参賀 陛下「世界の平安を祈ります」
天皇陛下、新春迎えご感想 2日には恒例の一般参賀

それでも小沢氏絶賛、首相「強い信念の政治家だ」(読売新聞)
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え (産経新聞)
広島拘置所で首つり自殺…60代の男性(読売新聞)
<ワカサギ釣り>家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)
【Web】ネットに自由を!「海賊党」拡大(産経新聞)
AD