仙台市は14日、宮城刑務所(仙台市若林区)の20~70歳代の男性受刑者129人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたと発表した。

 重症者はおらず、全員が快方に向かっている。

 市保健医療課によると、受刑者3人が今月3日、症状を訴え、12日までに発症者が約60人に増えたため、同刑務所が若林保健所に報告した。同刑務所は、発症者を隔離したり室内を消毒したりしたが、その後も発症者は増えた。

 いずれも感染性胃腸炎で、検査の結果、14日に2人からノロウイルスが検出された。同刑務所は「受刑者の健康・衛生管理を徹底したい」としている。

復興の中長期的課題を議論=全国の被災者ら-兵庫(時事通信)
神様がくれた最高のアルバム 橘先生が手紙(産経新聞)
寒気 九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
「お花屋さん」が夢、元気いっぱいだった朱莉ちゃん(読売新聞)
直木賞で宮城谷選考委員が講評「2作は決選投票で同数票」(産経新聞)
AD