独立行政法人「理化学研究所」(埼玉県和光市、理研)をめぐる物品架空発注事件で、背任罪に問われた元主任研究員和田達夫被告(53)らの判決が12日、東京地裁であり、深野英一裁判官は「長期間繰り返された悪質な犯行で、科学技術の進歩に対する信頼を損ねた」として、和田被告に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 理化学器具開発販売会社「秋葉産業」社長の嘉藤悦男被告(76)は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)とした。
 判決によると、和田被告らは秋葉産業に研究用物品を架空発注し、2004年12月から08年6月、同社名義の口座に12回にわたって計約1100万円を振り込ませ、理研に損害を与えた。 

【関連ニュース】
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
東大が「反論」、HPに=事業仕分けで危機感
富士通、振り込め詐欺防止で名古屋大と共同研究

銀座の“3億円”窃盗団、仲間割れで逮捕か(スポーツ報知)
シー・シェパード 衝突海域で矢を回収 水産庁(毎日新聞)
<アイヌ創作料理>修学旅行生向けに のぼりべつクマ牧場(毎日新聞)
<仙谷国家戦略相>特別会計も事業仕分け 4月にも着手(毎日新聞)
<雪下ろし>77歳女性死亡 ハウスの下敷き 兵庫・豊岡(毎日新聞)
AD