羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大塚国際美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)が15日、徳島県鳴門市の同美術館で開幕する。昨年に続く公開対局で、将棋ファンの熱い注目を集めそうだ。

 2年ぶり2度目の顔合わせ。昨年、名人・王将・王座・棋聖の4冠を防衛し第一人者の地位を堅持する羽生が6連覇を果たすか、念願の初タイトルを獲得して勢いに乗る久保が雪辱を果たすか、注目の一戦だ。

 両対局者は14日、立会の小林健二九段、解説の阿部隆八段、記録の牧野光則三段らとともに現地入り。念入りに対局場を下見した。午後7時からの前夜祭には、飯泉嘉門・徳島県知事らが出席。伊藤芳明・毎日新聞社常務取締役大阪本社代表が「将棋ファンならずとも楽しみにしている対決。健闘を祈ります」とあいさつし、両対局者に花束が贈られた。

 対局は15日午前9時開始。午後6時に指しかけとなり、16日に指し継がれる。持ち時間は各8時間。【澤木政輝】

【関連ニュース】
王将戦七番勝負第1局 棋譜中継はこちら
現地レポート「王将戦中継ブログ」

小沢氏団体土地購入問題 カネの流れ、深まる謎 紙袋の4億、融資の4億(産経新聞)
第142回芥川賞は該当作なし(読売新聞)
<雑記帳>戦艦「三笠」に魅せられ そっくり模型作製 金沢(毎日新聞)
小野前衆院議員が自民離党届提出、執行部は受理の方針(産経新聞)
「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に(産経新聞)
AD