【ワシントン古本陽荘】アジア政策にかかわる米下院の有力議員らは11日、鳩山由紀夫首相に在沖縄海兵隊のグアム移転の着実な実施を促す書簡を送ったことを明らかにした。

 書簡には下院のスケルトン軍事委員長、バーマン外交委員長、グアム選出のボルダーロ議員らが署名した。

 書簡では、昨年2月に日米の外相が署名した海兵隊のグアム移転に関する協定を引き続き支持することを表明。西太平洋における在日米軍再編の意義を強調し、日本側に協定の履行を促す内容という。7日に送付された。

【関連ニュース】
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
舛添前厚労相:小沢氏資金問題、通常国会で追及
平野官房長官:下地島など離島、上空から視察 基地問題で
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
安保条約改定50周年:日米首脳の共同声明発表へ

陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
副大臣・政務官、15人増員へ(読売新聞)
「私が変える日本の将来」土光杯に三荻祥さん(産経新聞)
参院選比例の70歳定年制「ルールは守るべき」 舛添前厚労相(産経新聞)
受刑者129人が胃腸炎、ノロウイルス検出…宮城(読売新聞)
AD