共産党の市田忠義書記局長は15日夜、民主党の石川知裕衆院議員の逮捕について「石川議員は(小沢一郎幹事長の資金管理団体の)陸山会の事務責任者であったわけで、政治資金規正法に違反する疑惑があれば、逮捕するのは当然だ。真相を究明するのは司直の当然の責務であり、厳正な捜査を求めたい」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

橋下知事、対北強硬姿勢を訴え 大阪で拉致問題集会(産経新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
法改正で認定制度見直しへ=原爆症訴訟原告らと初協議-厚労相(時事通信)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
AD