広島地裁が昨年10月に差し止めを命じた広島県福山市の景勝地「鞆(とも)の浦」の埋め立て架橋計画で、同県の湯崎英彦知事は11日、現地を訪れ、計画推進、反対両派の住民に「集まって議論する場」を設けることを提案した。両派とも受け入れ、来月にも初協議が開催される見通しとなった。
 知事は午前中は推進派、午後は反対派の案内で現地を視察した後、個別に意見交換した。 

府営住宅で火事、1人死亡 大阪・高槻(産経新聞)
共産・志位氏「物言わぬ民主、異常な政党」(産経新聞)
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練(時事通信)
前原国土交通相、24日に八ツ場ダム訪問を正式表明(産経新聞)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)
AD