菅直人副総理兼財務相は14日、インタビューに応じ、消費税率引き上げ時期について、「鳩山由紀夫首相も表明しているが政権1期目の4年間は上げない。逆に言えば上げるときは選挙できちんと問う」と述べ、次期衆院選で国民の判断を仰ぐ考えを示した。さらに財務相は「逆立ちしても予算の無駄がなくなり、福祉を維持するために負担が必要となった場合にどうするかという議論は必要だ」と強調した。
 ただ、消費増税に向けた具体的議論を開始する時期については、「あまり早くやると予算の無駄が削れなくなる。今からやって(無駄削減を)緩めるのは戦略的に正しい方向ではない」と述べ、慎重に進めていく考えを示した。無駄削減では「(2011年度予算の)概算要求を出すまでが勝負」として、今夏までに特別会計や独立行政法人、公益法人の見直しで成果を出す方針を強調した。
 また、中央省庁の霞が関改革については「縦割りや省益優先をなくすように財務省が率先して進めるように指示をした」と表明。同省の幹部ポストを公募して外部人材を招くなどの新たな制度を導入する考えも示した。歳入庁の設置構想については「社会保険庁が日本年金機構に変わり、もう一度様子をみないといけない」と述べ、本格検討を当面見送る考えを示唆した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
廃止したのに…年金振り込み元が「社保庁」に(読売新聞)
結婚詐欺・連続不審死 不審死男性への詐欺容疑で女を再逮捕(産経新聞)
派遣村200人超が2万円持ち去りか…支給後に所在不明(スポーツ報知)
AD