温室効果ガスを20年までに90年比で25%削減する中期目標の実現に向け、政府が家庭や職場で冷暖房の設定温度の工夫などを呼びかける「チャレンジ25キャンペーン」の開幕イベントが14日、東京都内で開かれた。

 午前10時、テレビなどで活躍する気象キャスター18人が環境省に勢ぞろいし、小沢鋭仁環境相からキャンペーンの「メッセンジャー」に任命された。小沢環境相は「子孫に美しい地球を残すためにお力添えをいただきたい」とあいさつ、キャスターに「チャレンジ25」と書かれたたすきを手渡した。

 任命された気象キャスターは今後、テレビ、ラジオ番組や講演活動などを通じ、温暖化の実態や身近な省エネ、温室効果ガスの排出削減策を呼びかけるという。

n0frne0cのブログ
こんな大工は嫌だ!
バリバリベビーシッターでがんばるぞ
新鮮酒場
カメラマンの鉄則
AD