解散までするほどもめている郵政民営化だが、推進派の小泉内閣の支持率は

下がるどころかむしろ上がっているそうだ。

野党は何をしてるんだ、情けない、といいたくなるかもしれないが、

どう考えても今、自民党しかないのでやむ終えない。

野党が言っていることといえば単に「自民党への反対」だけ。

「いいえ、ちゃんと提案をしていますよ」という声が聞こえそうだが、

残念でした。そういわれても聞こえてないんですよ、一般人には。そこが既に斜陽。

野党全体が斜陽です。強力なリーダーもいませんしね。

じゃあ、何故、何故自民党の一人勝ちになってしまったのかについてお答えしましょう。それは

自民党自体が民主化したからです」。

昔、田中角栄さんより前、自民党は一部の上流階級と東大出身者のものでした。

しかし、現在は、小泉さん、その前の森さんも私大出身です。

かつての黒幕みたいな人もリタイアし、かなり開かれた政党になりました。

もうひとつ、市民も教育レベルが上がり、「お上が偉い人」のような感覚が薄れました。

クラスメートが普通に政治家になったりしているわけです。

民主主義教育を受けた人が台頭してきてしまったので民主化したのです。

小泉さんが「かっこいい政党」をアピールしたのも成功でした。

国民の生活レベルが上がり、テレビ時代に育った我々は派手で「かっこいい」のが好きなのです。

実感を伴わないので、「汗水流して苦労して」を謳っている政党は人気は下がりました。

というわけで、1つ前の記事に続き、ここでもまた「栄枯盛衰」。

特に社民党を復活させるのはもう難しいでしょう。


2004年夏、プロ野球新規参入問題でのナベツネ氏の「知らない人」発言をしたその日、

「その時歴史は動いた」。

この日を境に読売巨人軍は終わりました。

大変残念です。ナベツネ氏は自分で自分の球団の息の根を止めました。

しかも、さらに悪いことに「全ての野球少年のヒーロー 古田敦也」 までこきおろしました。

これで、大人のみならず次世代を担う予定だった子供にまで見捨てられました。

栄枯盛衰。今後多少盛り返すことはあるでしょうが、もう以前の輝きを取り戻すことはできないでしょう。

巨人の時代は終わったんです。今年の成績がこんなでもこれぞ「時代の流れ」。

乙部さん、お気をつけて!

テーマ:

今日、フジテレビで、堀江貴文くんと対談している細木数子さんを見た。

そこで、ライブドア広報の乙部さんにかけたことばが

「あなた来年いい人現れるわよ」.....

乙部さんってご結婚なさっていてお子様もいらっしゃるんですよ!

どうも細木さんはそのことをご存知無かった様子。

何事も無かったように「そういう意味じゃないわよ」というような事を述べられておりましたが、

明らかに誤解されておられました。

細木数子の詭弁....大丈夫か、細木数子。最近failが多いぞ。信者も減るよ、これじゃ。


で、この対談の中で唯一細木さんが当てていることがあると自分も直感的に感じました。

自分も感じましたよ、ねえ、乙部さん!

うん、今は無くとも将来はわからないからねぇ。

別格に優秀な人は確かに魅力的だよね、見た目いまいちでも。

乙部さんお気をつけて!!


そういえば、藤田社長と奥菜さん離婚されたんですね....

私と似ている著名人列伝

テーマ:

私が性格が似ていると思う著名人列伝。

1.みうらじゅん

  あの「マイブーム」には感激。その言葉待ってました。

  私も収集癖があり、しかもどうでもよいものほど集めてみたくなる。

  実に同じタイプ。崇拝してます教祖!(笑)

2.タモリ

  以前いいともで「5歳の時が一番精神年齢が高かった」話をしたとき「私以外にもこういう人がいた!」

  と超親近感。

  線路沿いの散髪屋にて

  床屋さん「ぼくー、さて列車は何両つながっているでしょうかー?」

  タモリ(こころの声「くだらねークイズだしてるんじゃねえよ、まあつきあってやるか」)「いーち、にーい・・・

      13両!」

  床屋さん「あらーよくできたわねー」


  私も同じような子供でした。天真爛漫さ一切無し。

  それから、タモリさんがほとんどやる気ないとか、「意思ないもん!」と言っているのもすさまじく共感する。

3.堀江貴文

  ま、似ているというと言い過ぎだが、共通点は多い。

  友達いない系だという点とか、話し方がなんとなく反感を買う感じとか。

  しかし、最も共通していると思ったのが「趣味が無い」。

  食うことと寝ることにしか興味が無いと言っていたが、

  私も基本的に衣食住にしか興味が無く趣味が一切無い。

  ルーチンが不得意で面白くないと思ってしまうという点も一緒。

  将来が「不透明」ではなく「透明だが不明」なところが自分にとって重要である、という点も同じ。

  将来安泰みたいな構図はそのような状態に陥ってみると本当にストレスかかっていることを実感する。

  これまでの人生もそうだった。確実な方にはどうしても行けない。将来が決まるとやる気が消失する。

  将来が見えない所が自分を動かす原動力になっている。

  分岐点に来たときは「運を天に任せる」。これでけっこう偶然幸運をつかんできた。

  自分ではつかみにいけない。「何が幸いするかわからない」こそ人生の醍醐味だと感じる。

「クール・ビズのあのノータイについてどう思いますか?」なんて女に聞かない欲しい。

夏場でもネクタイに長袖なんていうのが正式だなんていう

北国の文化を熱帯の日本に持ち込んだのは男性なのですから」。

女からしたら、これまで西洋かぶれして、それがあたかも正しいなんていう風習を自分達で作って自分達で辞めるって言ったってそんなのだいたひかるじゃないが、どうでもいいですよ

だいたい、スーツ発祥の西洋の皆さんがこぞって嫌う日本の熱帯なみの夏において、あえてスーツを着ようなんてもしかして、馬鹿ですか?女からしたらそんなのとーーーーーーーーっくの昔にわかっている話。

っつーことで今後は「熱帯諸国を見習った」、夏の正装を何か考えでもしてください。


ま、服はそうとして、冷房28度はどうですかね。私はこっちは間違っていると思います。

1.スライド式昇温の提唱

  28度はすでに能率的に働ける限界を超えている。

  だから、学校には夏休みがあるくらいなわけですから。

  昨年まで23度位でやっていたわけですよ、長袖の重ね着(ワイシャツとジャケット)だったから。

  いきなり半袖OKだから28度にしろ、は無理がありますよ。私が以下を提唱してあげます。

  (1)2007年まで 25℃

  (2)2008~2010年 26℃

  (3)2011以降 27℃

  ということで27℃で終わりです。物事には何でも段階があるように、この件も段階を踏む必要があります。

2.オフィスビルの改修

  最初から冷房前提で建設されているオフィスビルの人は同じ28度設定だとしても無理があるとおもいます。

  木造で風の通りがある建物だとかならともかく、最初から密閉が原則で建設されてしまっているわけですよ。

  そういうビルにオフィスのある会社に28度と言っても無理があります。

  なんらかの対策が望まれます。

ともかく、政府の皆さん、もう少し頭使いましょう。

教養番組講師「太田光」!

テーマ:

爆笑の太田さんは天才だと思っている。

談志さんも北野武さんも認めているし、何より「私が認めている」(笑)。

ここまで才能あると認めざるを得ないと思う。全くうらやましい。

相方の田中さんも十分面白いし好感も持てるし、爆笑問題は大好きだ。


ある日いつものようにテレビをつけると、なんとその太田さんがNHK教育に出ているではないですか!

バクチューみたいなぬいぐるみでおかあさんといっしょに登場したわけじゃあありませんよ。

何と何と、太田さんを教養番組の講師に起用しているんです。

私のこだわり人物伝 向田邦子」。

太田さんはこの手の話は慣れていないので話し方こそたどたどしいものでしたが、

私は感激しました。「NHK教育、やるなぁ!わかってらっしゃる!」

早速、教材も買い求めました。


高校生の頃、友達がいなくて演劇部で一人芝居をやっていたという太田さん。

若い娘にでれでれしてないで対等に扱う太田さん。

こだわりで選んだのも向田邦子さんとは、太田さん、やはり私が見込んだだけあります(笑)。

SAYAKAの復活劇(予測)

テーマ:

普通の子供なら誰しも、親の色恋沙汰なんて吐きそうに嫌だ。

松田聖子の娘SAYAKAちゃんはそんななか、よく我慢して立派に育ったと思う。

本当に、そんなことがないような家庭に育った子に比べて大人びすぎていて、

悲しくもあり、立派な人だとも思うほどだ。

最近、母聖子と折り合いが悪いようだが、それも親離れ・子離れして独立する過程なのだろうが、

私は芸能活動を一時停止するといっているSAYAKAちゃんが今後どうするかについて考えてみた。


彼女はしばらくは芸能活動を離れ、Offerもなくなる方向になるだろう。

しかし、数年後、彼女は多分、親聖子とは無関係に芸能界に復活する。

「神田さやか」

として。


神田正輝のスキャンダルなんて聞いたことがない。

子供から見たら、そんな色気の無い親の方が正当に見えるものだ。

だから、そんな正統派イメージをSAYAKAは選んで、きっと自ら神田姓を名乗ると思う。


女優デビューお待ちしています、神田さやかちゃん!

世界最富裕国ニッポン

テーマ:

会場に入れないにもかかわらず、しかも予選なのにもかかわらず、わざわざタイまでサッカーを応援に行く

「金も時間もある」なんて間違えなく日本は「世界最富裕国」だ。


世界各国は「日本を見習ったほうが良い」。


どうやったら


「国民の所得水準を平均的に上昇させられるか」


「食べていくだけ以上のプラスアルファを楽しめる程の時間と金をどうやったら国民に持たせられるのか」


「人間の寿命の限界に挑戦できるのか」


日本に勉強しに来たほうがいいです。


日本も外国に学ぶとか言うような姿勢はもういりません。


日本人が世界に教えて周わる側です、かつてのキリスト教の宣教師のように。

楽天第2期監督大胆予想

テーマ:

負けに負けてる楽天イーグルス。

田尾監督も胃に穴が開いているんじゃないかと陰なら心配しています。


そんな初代楽天イーグルス立ち上げの大役を果たした田尾さんの後を私が大胆予想しましょう。

それは何と、

古田敦也」。


これぞまたも切り札中の切り札です!

どうだ、業界の皆さん、当たってるんじゃぁないのぉ?


これで野球人気復活も不動のものに!!