JAPAN LEATHER SYMPOSIUM 2008に参加した

テーマ:講演会他
2008-02-29 23:36:57
経産省主催の下記イベントに参加してみた。
JAPAN LEATHER SYMPOSIUM 2008
http://japan-leather-campaign.com/

基調講演はエルメスの歴史の話で、その日は体調がやや優れなかったため、爆睡(^^;。
パネルディスカッションは
サッカーの前園さんやハンドバッグの濱野の社長さんなどが出て、まあそこそこの話は聞けた。
濱野の社長さんは、代替りで旧来の会社を潰し、再構築してインターネットで打って出た話をしたり、
日本の革製品のレベルが高い話をされていたが、
正直、私は濱野のバッグも今でも結局好きになれないし、
国産派の私も、始終国産オリジナルバッグを探しているわりには、
結局欧米のものを使用してしまっている。
何でか。それは正直、「デザインが全て」だから。
日本のバッグはどれも、丸っこいかまたはよれよれした柔らかすぎる皮を使っており、
大分前に書いた重心のせいで重く感じるというような場合が多い。
購買対象がかなりの高齢者を見込んでいるのか、色がぱっとしないし、
ファスナーや金具が安っぽかったりしてせっかくの皮も台無し的なところもある。
恐らくは私のもっている外国ブランドものも製造は日本だったりするのだろうが、
技術はあっても、表に出る部分を欧米に押さえられていては、どうにもならない。
濱野の社長は、それでも大分がんばったということを強調していて、
「日本の皮産業は流通経路が長すぎて問題で、それは治すことはできない。
その中で、自分がコーディネーターになって、よりよいものを発信できるようにしたい。」
というような事を言っていたが、本当に旧来のシステムを壊すのは難しいのだろうと推測された。

今日もTVで下町のかばん屋さんが紹介されていたが、
結局そこも「使いやすい」とか「軽い」とかが売りではあるが、
デザインが野暮ったい。
私が持っているカバンは恐らく、それらのかばんより、デザインも機能も品質も良い。

日本の鞄産業に近い将来すっかり代替りで構造改革が起こり、
もう少し高い位置に行く事を期待したい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京芸大「卒展」@東京都美術館

テーマ:地方
2008-02-24 23:39:41
おとといのJR東日本駅からハイキングの上野・浅草コースでは、
コース最初の方で上野公園から東京芸大に向かいました。 イロハニホヘト
そこに「卒展」という看板が。芸大の卒業制作の展示会のようです。
無料なので上野公園に戻って入ってみました。
作品は、本人の自画像とともに展示されており、受付も学生さんで、
入ると作品を付け替えている学生さんや、ライトを調整している
学生さんなどがいて、普段完成された展覧会しか見ることのない
この美術館の意外な一面を見た気がしました。
正直、インパクトのある絵とかは無く、素人にはこれが、この年度を代表する絵画に天才的才能を持つ人達の集団だとは理解できませんでした。
普通の絵画の他に、文化財修復科という、その名の通り、古い絵画、仏像、彫刻などの修復法を研究する学科の発表もあり、知らなかったのでどういう人がこの道に進もうと決めるのかなあと思いながら見学しました。
他に東京都美術館では武蔵野芸大の卒業制作展示会も行われていました。
東京都美術館にはわりとよく行くのに、毎年こうした行事が行われているなんて全く知らなかったなあ。

ところで、上野公園の美術館・博物館郡は私は子供の頃からよく親に連れて来られたので割と馴染みがあり、
首都圏で育った人なら皆そうだと思っていたのですが、
最近一緒に東京都美術館に来た友人(複数)に「初めて来た」と言われとても意外でした。
写真は、屋外展示の「イロハニホヘト チリヌルヲワカ ヨタレソツネナラム ウイノオクヤマケフコヘテ アサキユメミシヨイモセスン」という1979年の作品です。
石いっぱいにこの文字が掘ってあります。
美術館を出る時に左手に見えるので、都美術館というとこれを思い出します。
製作年からするとどうも私はこの作品を設置された当初から見いるようです。
現在は大分風化しています。
そういうのを狙った作品なんでしょうが、定点観測すれば良かったなあなんて思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「女性の品格」の著者を見た

テーマ:テレビ
2008-02-23 23:46:27
昨晩、金スマに「女性の品格」の著者、坂東眞理子さんが出ていた。
この本、読んではいないが、正直騙された感じがした。
「品格」と言うからには、白州正子さんのような分野の人が書いたのかと思っていた。
ところが見てがっかり、どちらかと言うと私の分野の人だった。
家はあまりかたずいていないし、
実用重視で飾りっ気無し。
冷蔵庫の中も残り物のしなびた野菜しか無いし、
書斎も書斎と言うより作業場。

女性初のキャリア官僚だったそうだが、現在ではただのズボラなおばはん。

がっかりだよ~

黒田清子さんにでも執筆お願いした方が正解だったんじゃないだろか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中高年の携帯電話のマナーの悪さを糾弾したい

テーマ:コラム
2008-02-22 23:30:08
携帯電話が出たての頃は若者の携帯電話のマナーが問題になりましたが、
2008年の現在、携帯電話のマナーが悪いのは圧倒的に中高年です。
公共交通機関に乗ると決まって電話に出てるのは、オヤジかババア。
車内放送で「携帯電話のご利用はご遠慮下さい。」と流れている最中に着信鳴らす、電話に出る。
「もしもし~(しゃべるの遅い、耳が遠いせいか声でかい)、
あ、今バスの中で、後で、ええ、ええ、(やたら丁寧で切るまで時間かかる)」

まず、出るな~exclamation ×2
そんな一分一秒を争うような内容かexclamation & question

電車、バスの中では出ない、これがマナー。
乗る前に音切るexclamation ×2
切り方わからないなら、ずっとマナーモードにしっぱなしにせよexclamation ×2
「それじゃかかって来ても判らないじゃないexclamation & question」だと

それは「乗り物を降りたら携帯を出して、
そこで着信無かったか確認する習慣をつけるように。」
それだけの事だ。
移動中にまで話せにゃならんほどの用件なら、
こちらから掛け直してもよかろう。
あー、この面々に誰が公共マナー教えたらいいんだ、ったく、
歳上を躾にゃならんのか~あせあせ(飛び散る汗)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。