哀しいご報告

テーマ:

若州人形座です。

 

11/22早朝、

若州人形座公演で笛を吹いてくれていた、

我らの大切な仲間の

辻あつこさんが亡くなられました。

長い闘病生活で、

でも、必ず元気になって戻ってくるはず、と

みんなで祈っていたのですが。。。

 

 

いつからでしたか、

つーじーが笛吹童子として関わってくれたのは。。。

最初の印象は、

おとなしそうな人。

でも、きっと芯はしっかりしてる人。

そのとおりでした。

そして、笑いを提供してくれる面白い人でもありました。

 

 

本番前の楽屋のつーじー

 

 

 

ゆるゆるとラジオ体操するつーじー

 

 

 

クラブ活動「海部」で、はじけるつーじー

 

 

 

花かんむりのおちゃめなつーじー

 

 

 

大切な商売道具の笛を忘れかけたことのあるつーじー

 

 

 

今回は持ってきたよ〜と期待に応えてくれるつーじー

 

 

 

京都での抜き稽古で、熱心に作曲するつーじー

 

 

 

あ、メガネかけてた、ともう一度撮らせるつーじー

 

 

 

きっちり芝居に合わせて仕事してくれるつーじー

 

 

 

でも、たまにうかうかして猫に叱られるつーじー

 

 

 

結婚して、いつも、ぴーちゃんとラブラブなつーじー

 

 

 

 

 

若州人形座以外では、

こんなことや!

作詞・作曲・うた/辻あつこ

作詞・イラスト 辻あつこ

イラスト/辻あつこ

そして、こんなこと!

イラストレーター/辻あつこ

さらにこ〜んなこと!

篠笛ソロ〜戯れる 阿吽 @ネガポジ 2011

戯れる 阿吽 @阿倍野ZIGZAG cafe

言祝ぎ 阿吽 @ネガポジ 2011

ハルカ 阿吽 @ネガポジ 2011

ハルカ 阿吽 @京都カレー食堂あいば 2011

ヒラク 阿吽 @ネガポジ 2011

クズリュウ 阿吽 @西院スタジオラグ 2011

ひらく〜クズリュウ 阿吽 @ネガポジ 2012

はぴねす 阿吽 @京都カレー食堂あいば 2011

はぴねす 阿吽 @ネガポジ 2011

はぴねす 阿吽 @ネガポジ 2012

ギター弾き語り @P-act

語り猫と一緒にこんなことも!

「おはなしとおと」 P-act

「ささやきながら、とおりすぎてゆく」@ネガポジ

 

 

このチラシのデザインもつーじーです。

 

絵も描けて、笛も吹けて、ピアノも弾けて、ギターも弾ける!

歌も歌っちゃう、マルチなつーじー。

 

あぁ、まだ信じられません。

我らが、つーじー!

天国から、若州人形座を見守ってくださいね。

誰かがうかうかしてたら、

「しっかりせ〜よ」

と、愛のムチをくださいね。

 

 

ご冥福を心よりお祈り致します。

 

 

 

 

AD

終演。

テーマ:

若州人形座です。

 

随想 水上勉を読む『閑話一滴』

 

無事終演いたしました。

ご来場の皆様、

ご協力くださった皆様、

応援してくださった皆様、

ありがとうございました。

 

予報より早く、朝から雨でした。

 

 

車椅子劇場では、

朝から琴の演奏があったりして、

我らは稽古などできない状態なので、

のんびりと、

先ごろ亡くなった渡辺淳さんの画をみたり、

お茶席でお茶とお菓子をいただいたり、

 

 

それをのんびり遠目に見ているワイワイ君と福井さん。

 

 

そして、午後、帰雁忌の始まりです。

 

 

そして、

必死で仕込んで、バタバタと、

 

随想 水上勉を読む『閑話一滴』 

 

気持ちの落ち着かないまま始まってしまって、

最初オタオタしましたが、

水上先生の故郷での公演とあって、

地元の同じ年代の方々には、

よくわかる懐かしい話だったのでしょう。

ときどき、うんうんとうなづいてらっしゃいましたし、

笑いも起こり、楽しい本番でした。

ぜひ、続・閑話一滴も、ここでやらせていただきたいものです。

 

またバタバタとバラして、

ちょっと小雨になった時を見計らって、

帰途につきました。

途中、けっこうな雨風で怖かったですが、

皆さん無事に帰宅した模様です。

 

若州人形座、年内公演はございません。

来年6月16日・17日

『曾根崎心中』

まで、皆さんお元気で〜。

 

 

読者登録してね ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

AD

明日本番です!

テーマ:

若州人形座です。

 

随想 水上勉を読む『閑話一滴』  

 

明日、いよいよ本番です。

 

静かな静かな夜が明けて、爽やかな朝。

最終稽古をしました。

いつもは竹の枝を切る高枝切りばさみが、

シュート棒として、使われています。

 

 

ケーブルを切ったり、つかんで灯体の向きを変えたりも出来ます。

えへ、大嘘です。

ケーブルを切らないように気をつけて、

灯体をつかんだりせず、つんつん突いたり押したりして、

シュートするのです。

なかなかのすぐれものです。

 

シンプルな舞台

 

 

帰雁忌の式典が最初にあるので、

それが終わってから大急ぎでこの状態に仕込まねばなりません。

演出舞台監督のワイワイさんは大忙しです。

演者の二人は自分たちの見台廻りを仕込まねばなりませんので、

手伝えませんし、

後ろの幕を開け閉めするのもワイワイさんです。

照明の福井さんも一人で頑張ってます。

お客様によりよい舞台をお見せするためにみんなで頑張っております!

 

午後は、なんじゃかんじゃと、

来年の竹人形文楽に向けての写真撮影などもあって、

少し稽古は中断しましたが、

夕方から、ゲネプロ。

 

 (写真:向坂典子)

 

その後、それを踏まえての通し稽古。

と、しっかり稽古して、明日を迎えることとしました。

 

昨日よりも、星空は綺麗でしたが、

晩飯を食べて帰る頃には、

月に雲もかかって、星もたくさん見えなくなっていました。

。。。やはり、明日は雨なのでしょうか。。。

 

せめて終演までもってほしいと思う、語り猫なのでした。

 

さあ、雨でも、曇でも、晴れでも、

明日は本番です!

 

いい舞台にしますよ!

 

どくしゃになってね… ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

AD