埼玉県飯能市の山中に犬や猫など約180匹の死骸(しがい)が捨てられた事件で、逮捕されたペット葬儀業の男(71)=廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑=に葬儀を依頼した被害者の会が、18日発足した。同県三芳町内の公民館で開かれた初会合には、飼い主ら約250人が出席。「火葬施設を持たないペット葬儀業者が開業できないよう、規制を求める署名活動をすべきだ」などの意見が出た。

【関連ニュース】
動物死骸:新たに頭骨発見 計180匹に 別の場所も捜索
動物死骸:葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警
動物死骸:埼玉のペット葬儀業者逮捕へ 不法投棄の疑い
動物死骸:犬や猫100匹…ペット葬儀業者が不法投棄か
埼玉・飯能のペット死骸不法投棄:新たに80匹 元町議「犬十数匹、3月捨てた」

<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
箱館ハイカラ號 今季も運行 北海道(毎日新聞)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽(産経新聞)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)
AD