厚生労働省は3月26日、無作為に選んだ一部自治体における認知症高齢者グループホームのスプリンクラー設置状況を集計したところ、設置率が48.7%だったとの結果を公表した。

 今回の集計は、データを持つ全国の自治体から7都県(東京、福島、群馬、山梨、三重、兵庫、長崎)と7市(札幌、さいたま、川崎、名古屋、福山、北九州、大牟田)を無作為に選び、既存の情報を取りまとめて公表した。それによると、対象自治体が把握している認知症高齢者グループホーム全2078施設(設置対象外の延べ床面積275平方メートル未満の施設を含む)のうち、スプリンクラーを設置済みだったのは1013施設(48.7%)、未設置なのは1065施設(51.3%)だった。未設置施設のうち、49.8%に当たる530施設では設置予定があるという。

 13日に発生した札幌市の認知症高齢者グループホームでの火災事故を受け、厚労、国土交通の両省と総務省消防庁は、認知症高齢者グループホームなどでの消防設備設置状況などを把握するための実態調査を開始している。


【関連記事】
介護施設の防火体制実態調査を開始―消防庁と厚労省
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホームの防火体制点検を―厚労省
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁
未届け老人ホームの消防法令違反、依然高水準

懲戒処分は757人=09年の国家公務員-人事院(時事通信)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
新党ラッシュの春!? 公選法「保護」5月2日まで (産経新聞)
唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)
<中国毒ギョーザ>中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省(毎日新聞)
AD