北海道稚内市で同居女性の長男(4)を水風呂に沈め死亡させたとして傷害致死罪に問われた無職対馬博臣被告(39)の判決公判が12日、旭川地裁であり、河村俊哉裁判長(佐伯恒治裁判長代読)は12日、「わずか4歳の被害児童に一方的かつ執拗(しつよう)に暴行を加えた残酷で陰惨な犯行。常習的な虐待行為の一環で、一過性の偶発的な犯行ではない」として懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 公判で対馬被告は、事件があった時間は居間のソファで寝ており暴行には関与していないとして無実を主張したが、判決は「被告の供述には不自然で不合理な点が多数見られる」として退けた。
 判決によると、対馬被告は昨年3月28日夜、自宅で同居していた清掃員本望哉恵受刑者(26)=懲役7年が確定=と共謀し、同受刑者の長男の頭部から冷水を掛けた上、冷水を張った浴槽内で後頭部を手で押さえるなどの暴行を加え死亡させた。 

【関連ニュース】
3歳女児意識不明、虐待か=暴行容疑で母逮捕
虐待の疑いで両親逮捕=1歳女児死亡、容疑否認
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か
同居男児虐待、少年を逮捕=傷害容疑、暴行後死亡
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯

横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
連合会長、鳩山政権に「グランドデザインがない」(産経新聞)
フィルター発火などで87万台リコール 家庭用空気清浄機(産経新聞)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
AD