平野博文官房長官は22日夕、国民新党の下地幹郎国会対策委員長と都内のホテルで会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を協議した。佐野忠克首相秘書官も同席した。

 政府は23日に鳩山由紀夫首相、平野氏ら関係閣僚が月内の移設先決定に向け最終調整を行うことにしており、移設先について意見交換した。国民新党は米軍キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市など)陸上部への移設などを主張。平野氏は米軍ホワイトビーチ(うるま市)から沖合の津堅(つけん)島の間を埋め立てる案も視野に入れている。

【関連記事】
あるか政権浮揚策、カギ握る仕分け、普天間移設
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
米、現行計画の履行求める 下旬の日米外相会談で 普天間問題
揺らぐ沖縄 「少数の反対意見、独り歩き」
20年後、日本はありますか?

密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
「円天」詐欺事件 元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
女性遺体 切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)
AD