【ベルリン時事】第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日夜(日本時間21日未明)行われ、コンペティション部門に日本から唯一出品していた「キャタピラー」(若松孝二監督)で主演した寺島しのぶさん(37)に銀熊賞(最優秀女優賞)が贈られた。世界三大映画祭の一つである同映画祭で日本人が同賞を獲得したのは、1964年の左幸子さん、75年の田中絹代さんに続いて3人目の快挙。
 「キャタピラー」は、第2次大戦中に中国戦線から四肢を失って帰還した夫に尽くす妻の姿を描いた反戦映画。寺島さんは、献身的に夫の世話をしながら、戦争に疑問を抱くようになっていく妻を熱演した。 

【関連ニュース】
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭
東京国際映画祭が開幕

郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
「今後も骨太の言論を」 正論新風賞 遠藤浩一・拓殖大大学院教授(産経新聞)
佐藤ゆかり氏、参院比例選に自民公認で出馬へ(読売新聞)
冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)
<普天間移設>石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)
AD