【三重】伊賀市が伊賀鉄道・広小路駅に住民の要望を受けて総工費約1165万円をかけて建設した公衆トイレが完成し、トイレ前で1日、オープニングイベントが行われた。

 イベントには、住民団体「トイレ設置をすすめる会」の林秀幸会長、内保博仁市長をはじめ、近隣住民ら約50人が出席。テープカットなどをして完成を祝った。

 同駅のトイレは07年に老朽化に伴い撤去されたが、同会が同年秋、「鉄道利用にも観光にもトイレは不可欠」とした約3600人の署名を添えて市や市議会に請願。約2年半かけて「地域の力」が結実した。【関谷徳】

【関連ニュース】
雑記帳:自腹で運転士に いすみ鉄道が募集
雑記帳:北近畿タンゴ鉄道のサービスは…
掘り出しニュース:わ鉄グッズ快調 「招きだるまねこ」など 売り上げは前年同期の10倍 群馬
ブルートレイン:6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に「はやぶさ」走る
目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響

「変形時間」適用認めず=飲食店に残業代支払い命令-東京地裁(時事通信)
<細菌>日本人の腸内に「海藻好き」…仏研究チーム発見(毎日新聞)
首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」(産経新聞)
若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」(産経新聞)
<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
AD