江戸時代から信仰を集め、「駒込大観音」として知られる東京都文京区の光源寺の観音像を巡り、制作した仏師の遺族が「同意なく像の頭をすげ替えられた」として、同寺などを相手取り、元に戻すことや謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が25日、知財高裁(飯村敏明裁判長)であった。

 1審・東京地裁は元の頭部に戻すように命じたが、同高裁は戻す必要はないとした上で、事実関係を記した広告を宗教専門紙などに掲載するよう命じた。

 判決によると、先代の住職は1987年、観音像の再建を仏師に依頼。93年に完成したが、にらみつけるようなまなざしに見えることから、参拝者らから「慈悲深い顔にしてほしい」といった声が上がった。このため現住職が2003~06年、仏師の弟子に依頼し、頭部を作り直してすげ替えた。判決は、すげ替えについて著作権侵害を認定。そのうえで、「頭部を新たに制作し交換した行為には相応の事情があった」と述べ、元に戻す必要まではないと判断した。

<日弁連>会長選 宇都宮健児氏の当選が正式に確定(毎日新聞)
<チューリップ>東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出(毎日新聞)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件再審の判決公判-宇都宮地裁(時事通信)
「黒澤明記念館」伊万里市が期限付き再締結へ(読売新聞)
AD