民主党の小沢一郎幹事長と距離を置く仙谷由人国家戦略担当相と前原誠司国土交通相の2人が、5月の大型連休中に相次いでベトナムを訪問し、現地で合流する。閣僚自らトップセールスを行うのが目的とはいえ、党内では、普天間問題で鳩山政権が窮地に陥っている時期だけに、「現地で密談し、『ポスト鳩山』について意見交換するのではないか」(中堅)との憶測が流れている。

 ベトナムでの2人の具体的日程は公表されていないが、仙谷氏は、6月に決める新成長戦略の柱に原発などのインフラ施設の輸出促進を盛り込む考えで、同国に日本の技術を売り込む。前原氏は、同国が高速鉄道の導入を検討しているため、日本の新幹線方式の採用を求めるという。2人は同席してベトナム政府高官との会談に臨む。

 仙谷氏は、前原グループの“後見役”といわれ、鳩山由紀夫首相が退陣した場合、衆参ダブル選が実施される可能性に言及し、政府・与党内で総スカンを食っていた。国外ならばじっくり議論ができる?

【関連記事】
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
舛添氏、15日に東国原知事と会談 参院選で連携か
前原氏まるで他人事…小沢氏&トヨタに苦言で評論家気取り!?

世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省(医療介護CBニュース)
「アフガンに寄宿舎を」=故伊藤和也さん両親が寄付-菜の花基金の2000万(時事通信)
首相動静(4月26日)(時事通信)
「党で何らかの判断」=小沢氏「起訴相当」で=鳩山首相(時事通信)
<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)
AD