「私は区画整理地のまっただ中で笑うんだ♪」

藤島住宅 岩原 賢太郎 の 営業日記

金曜日。
現場管理が早々に終わり、今回、私の作業がなかった現場【ナテュールヴィーレ与野南(第2期南与野)】の様子を見に行きました。
常に陽気な大工、K氏が作業する○号棟へ私は静かに入って参りました。
声をかけて入るのが礼儀である気がしていましたが、何しろ陽気な大工さんです。きっと作業を中断して、私を楽しませようと色々と話しかけてくれることでしょう。
今日も軽口を言い合い、ひとしきり楽しい時間を過ごしたい思いがありましたが、邪魔をしてはいけない。という思いが最近、私をそのような態度にさせていました。
いや、いくら陽気に振る舞おうとしても、元々根暗の私が辿り着くいつものパターンに陥っているな。と自己分析に浸りながら、○号棟の日当たりにおける優位性を見聞していると、二階で作業をしている物音が止まり、K氏が根暗な私がいる一階に降臨されました。
「おう」
静かに彼は言いました。
(あれ⁈陽気じゃない⁈)
と思ったのは束の間でした。
会社は売れてるのか。
私自身は売れてるのか。
さっきお客さん来てたぞ。
などと矢継ぎ早に、挨拶がわりの問いかけを浴びせていただくのでありました。
貴社益々ご繁栄のこととお慶び~
貴殿におかれましてはご清栄のことと~
などと同じ内容であることに、この文を書きながら私は気がつくのでありました。
しかし、その時の私はさして洒落も効いてない返答を防戦一方で繰り出していたのでした。
「いつも陽気ですね。」
と私が感心していると、
「当ったりめぇじゃん、だって何にも考えてねぇもん。あ、3時だ、コーヒー飲む?」
さっさと私に紙コップを差し出し、スティックタイプのコーヒーの粉末を私に渡す。
「お湯こっち!」
と私を、誘導する。
「熱ちっ」
紙コップが熱くて弱音をはく。
「ほい」
紙コップをもう1つ渡してくれる。

(うーむ。)
実は私は現在、
【無意識はいつも君に語りかける】という須藤元気の本を再読している最中であった。そこに書いてある無意識の重要性をこの時、K氏に具体的に教えていただいたような気が致しました。
「何も考えてねぇもん」
と言った彼の言葉は、私にとってスピリチュアルな分かりやすいメッセージであったのかも知れません。

紙コップを二重にした私。粉末コーヒーをかき混ぜたいと思っていました。
スプーンを大工さんが用意してくれるかと思っておりました。
でも、なかなかスプーンは出てきません。
至れり尽くせりの中で私は困惑しました。
(何故だ⁈なぜかき混ぜる棒が出てこないんだ⁈)
「あの、かき混ぜるやつとかないですか?」
「それだよ、ソレ!」
K氏が捨てずに持ったままだったので、何となく私も持ったままでいた『スティックの袋』
K氏はネジリン棒にしてかき混ぜていた。

「常識だよ!職人の世界では常識!」
口を尖らせて、それでも陽気に彼は言いました。

その後、外に出て他の号棟の大工さんや職人さん達と車座になってコーヒーとお菓子をいただきながら話をしました。
いつもなら販売会用に設置してあるテントの下で一休みするそうですが、営業の私がいたため今日は遠慮したとのことでした。
少し淋しい気も致しましたが、やはりそれは仕事の上で必要な線引きであるような気がして黙っておりました。

その時そこにいた職人さんは、大工さん3人と外壁内側の防水シートを貼る職人さんの4人でしたが、現場の次の工程で外壁屋さんに現場のどこで作業をしてもらえばいいか話し合っていました。
それは特に仕事の打ち合わせという雰囲気でもなく、職人さん達が長い間一緒に家造りをしていく中で自然と習慣になっている会話なのだなと、楽しげに話続ける職人さん達に感心しながらも、私はまた少し淋しい思いがしたのでありました。
以上。

藤島住宅 岩原賢太郎

{FD238F79-C8C7-43C1-B0C9-C9587B35E336}

{917AF614-119B-4361-99E9-E149F586C8C0}

{31B1BC8E-E5E2-40A6-B5FF-1A7EA514C804}

{B0D691FA-7897-4403-AFD3-D5C4130AE503}

{0718ADC0-752A-41FC-9C2A-809587FACBF6}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

待ったのは5分くらいだっただろうか。
ウェイトレスが運んできてくれたトレイの上には、
所狭しと大小様々な6つのお皿が置かれていた。

【鶏肉と卵炒め定食】

鶏肉と卵炒めという料理の具材は他にキクラゲ、タケノコ、キュウリ、ニンジン、モヤシなど、
色とりどりの食材がふんだんに盛り込まれていた。
その他の皿には、

白飯
漬物
大根のサラダ
イカリング揚げ
中くらいのラーメン

お腹いっぱいである。

お会計時、680円というメニューの表記は税込だったことが判明。



満足である。



ランチ成功!

{0765AC58-B902-4DBA-8FF6-7A694D7425CB:01}

少し早目のランチだったためか、
現場に戻ると水道工事の職人さんたちがまだ作業中だった。

{64A11B3E-CCFB-4DF2-91D2-8E3349496A02:01}

{38E5F328-D854-41CF-8756-C83F97F78CD8:01}

道路を封鎖しての掘削作業だ。
道路上から穴をのぞき込むと
ちょうど、下水管の本管から宅地内に引き込む管を接続しているところだった。
地中内には、ガス管や水道管、道路側溝などが埋まっているため、
それをかわしながらの接続は大変だ。

一度、接続を試みるがイマイチおさまりが悪い様子。
きちんと余裕をもって接続するにはもう少し深く掘らなければならないというような場面。


ユンボなどの機械もあるが、最後は手作業でなければデリケートな部分はおさまらない。



『ここで、もう一度掘るのか。』
『それとも半ば強引につなげてしまうのか。』



ここからは、職人の聖域である。



今回は非常にオープンな場面ではあったが、
それでも素人からすれば、その作業がどれほどのクオリティであるのかは現場で実際に見てても分からない。
報告書やその写真を見たって分かり得ない。
作業によっては誰にも見られていない場面もある。

最終的には、職人さんの心意気次第なのだ。

発注者がどれだけのお金を払おうと関係ない。

人が見ていようと見ていまいと関係ない。


誰に褒められることもない。

手間賃が増えるでもない。




職人は心意気なのだ!


 

私の好きな映画で

【みんなのいえ】という邦画があります。(三谷幸喜 監督)

『田中邦衛』扮する大工の棟梁が劇中で語る、
東大寺南大門の修復時に、
鎌倉時代の宮大工の物と思われる【墨壺】が
800年の時を経て、人目につかない梁の上で発見されたという話。

これを思い出しました。


(ううむ。そういうことか。)


(あの棟梁はそういうことを言っていたのか。)


心の中で、
私の今までの【知っている事】と【知らない事】がひっくり返ったような、
それはなんとも心地いい気分でした。


その場でしばし、一人で納得していると、
藤島住宅おなじみの外構屋【島田さん】が私に近づいてきて、
「よぉ、飯行こっか!」と誘ってくれました。

残念!


本日の舞台、
『ナテュールヴィーレ東浦和(第45期東浦和)』好評分譲中。

 

以上。

藤島住宅 岩原 賢太郎

{96301148-53FD-4331-80F7-BD19E1226175:01}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
妻の実家、山形に来ました。
腰痛持ちの私にお勧めの接骨院があるということで、私はその妻の父親の友人でもあるという先生のところへ、妻の母親の車を借りて出掛けて行きました。

駐車場はある。と聞いておりました。
院の建物の前には車約3台分程のスペースがありました。
1台停めてあったので、ここに停めて良いのだなと判断致しました。
しかし、

3台目が停められるように私の車を配置することは不可能なようでした。

電車の座席で【よくある】、少し詰めればもう1人座れるのになあという状況がそこにあり、私は戸惑いながら待合室に入って行ったのでありました。
{84DD3543-201B-4F9F-B7F9-A2CF8AE90F4E:01}

待合室を見回しますと、続き間のような和室があり、
そこでテレビを観ている3人の年配の女性達がありました。
私が待合室に入ると、全員が一斉に私に目を向けました。
するとその中の1人の女性が、ひょいっと【右手を上げて】私をまっすぐに見つめておられました。

(な、何だ?知り合いか?挨拶か?)
(いや、全く見覚えのない女性だ)

(きっと単に山形の人は【気さく】なのだろう)

心の声を外には出さず、私は曖昧に笑顔を浮かべながら、ヘコヘコと何度か頭を下げてこの場をやり過ごす算段をしました。
ところがその時、それは挨拶ではなさそうだなという判断をせざるを得ない状況が、右手を上げた女性以外の2人の女性によって知らしめられたのです。
2人の女性は私を一直線に見据えたまま、手のひらを返し、【右手を上げた女性】を私に紹介している様なポーズをとっていたのです。

(しょ、紹介?)
(こ、ここで?)
(突然に?!)

このまま事実を知らずにやり過ごすことは許されない状況であると察しました。

「な、何ですか?」
戸惑っている事実を一切隠す素振りもなく、私は3人の女性に尋ねました。

もっと早い段階で「何故手を挙げているのですか?」と尋ねていれば早く解決したのでしょうが、戸惑う私に追い討ちをかけるように紹介のポーズをとる2人に、異常さの様なものを感じていた私は、とにかくそのことも含めて

「何なのですか?」
と逃げ出したい気持ちを抑えながらもう一度力強く尋ねました。

「順番。」
と1人の女性が言いました。

「は?!」

「順番だよ。」
「この人が最後なの」

「はあ・・?!」
なんとなく理解への道がひらけている予感を感じながらもまだ戸惑いを隠しきれない私。

「あなたはこの人の次!」

(なるほど)
(受付などはないのですね!)

「あ、それを教えてくれてたわけですね」と私。

「だから次の人が来たら、あなたが手を上げるんだよ!」

「はい。承知いたしました。」
胸の奥、そのどこかに若干の苛立ちのようなものを感じながらも、私は今日一番の快活な声で返事をしたのでした。

そして、

「おおい!」
診察室のドアの向こうから、呼び声のような声が聞こえてくると、
色々教えてくれた女性が、少しだけ照れたような表情を浮かべて診察室へと入って行きました。

その後、何度かの診察室からの呼び声を経て私も、
「おおう!」
というような声を合図に
中へと入って参りましたが、
それまでの間、【右手を上げた女性】の顔を忘れないように何度も確かめるチャンスを伺い、
その挙動を逐一確認しながらの数十分はとても長く、
「おおう!」だか、「おいよー!」だか
何と言っているのか分からない慣れない【呼び出しに】戸惑いながら、
待っている間に読もうと思って持って行った本も楽しめず、
油断のならない時間を過ごしていたのでした。

とてもユニークかつ、満足のいく治療が終わり、
建物の外へ出ると、カースペースと思しきスペースには

私のを含めて【4台の車】が停まっておりましたが、

なにかそれはとても自然なことに感じ、
私自身の心のスペースまでも
広がったような気がしたのでありました。

藤島住宅 岩原 賢太郎


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ギヤアアァァァビックリマーク!!パンチ!

という
暑さ
じゃないですか?
皆さん。

この炎天下、私など現場待機ですよ。

夏休み


【毎日が夏休み】という映画
名作ですよ。


暑さで思考が錯綜しています。


西浦和駅 徒歩2分


毎日が夏休みは佐野史郎が出演しております。

陽当たり良好・・


助けて




曰く、

天国とは
エアコンの効いた屋内のことである。


{3D95B246-A48F-42F9-954B-971C62813BA0:01}



藤島住宅 岩原  賢太郎


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。