ワイン 腕時計 革靴 一匹狼の自由人

スポーツ観戦、生き物観察なども好きです。


テーマ:
1つ前の記事のコメント欄が大変な事になっています。
気になる方は見て下さいね。
今週だけはアクセスアップにご協力を。

そしてまた炎上しそうなタイトルではありますが真実です。
炎上も意図的、この次に書く記事を読んで欲しいのでまずは炎上させ人を集めます。
大型連休の交際記事を書くまでは、
ここのブログが更新される度に気になり見に来られる方が多いでしょうから、
炎上を利用し次の記事のアクセス数というより閲覧者数を増やしたい。

書き方次第である程度人を誘導できる。
この一文だけでも次の記事は何を書くつもりなのか気になる方がいるはずで。
8割のリピーターは見込めるでしょう。

本題の募金をしてはいけない。
これには2つの意味があります。

1つは私個人の考え方(ここは共感していただく必要はないのです)

人とは、争い奪い合い力のあるものが幸せを独占する社会こそ理想的。
平等などつまらないし不可能。
勝ち組と負け組みがはっきりと別れる構図が理想的なのです。

それが哺乳類に限らず全ての生物の自然な形だから。
1円を募金し人助けに貢献するくらいならば100万円を捨てた方がよい。
捻くれていると言われようが私の生まれながらの考え方なのです。
人の役に立つ事こそ屈辱、自分と大切な人が幸せを独占する事こそ快感なのです。
加えて私は人から嫌われ妬まれる事に優越感を感じるのです。

恐らくかなり特殊かつ歪んだ人間という自覚はありますが、
隠す必要も恥じる事もないと思っています。
だからこそ恐れる物もないといいますか、
人の目を気にしないで自分の好きなように思うが侭の生活が出来る。

この先も常に妬まれ、僻まれる側でいたい。
貧しく何か誰かに支配される生活を送るくらいならば、
そんな人生、自ら終止符を打つでしょう。

2つ目は負の連鎖を絶つ意味です。

募金を行っても、そのお金は「援助貴族」と呼ばれる腹黒い方々の肥やしとなり、
必要な人たちには届きません。
届いたとしてもほんの一部です。

お疑いであれば「援助貴族」という言葉で検索をかけて頂くと真実が分かります。

例えば、貧しい国というとアフリカや中米の国々が浮かぶかもしれませんが、
貧しい国ほど「独裁者」が牛耳っており、富は全てその者の懐に入るのです。
貧富の差がはっきりと別れており、独裁者とその取り巻きは、
国民から吸い上げたお金で豪華な生活を送っています。

日本に関連性の高い国で言えば北朝鮮が分かりやすいでしょう。

とはいえ、私はジョンウンちゃんのファンでもありまして、
これは昨年ブログで公表していたかな?
ペット的な可愛さ、ブサ可愛いと思っているのです。
あの顔でいくら処刑処刑処刑と言われても愛くるしさしか感じない。
大好きな動画ですので是非見てね!



話が脱線しましたが、募金が人助けになっているという考えは間違い。

独裁者と援助貴族は繫がり合っており、いくら募金活動に協力しても、
貧しい人たちは救われません。
なぜならば、彼等(貧困層)がいなければ独裁者も援助貴族も、
裕福な生活は維持できないため、適度に助けつつ、
養分となる貧困層の数を上手に調整しているのです。

信じる信じないはお任せします。
ですが一度、援助貴族で検索をかけられることをお勧めします。

ま、私は生まれてこの方、募金など一度たりとも行った事はないのですけどね。
仮にお金持ちになれたとしても、一円たりとも他人には渡しません。

と、ここまでではいつもの批判記事で終わってしまいますので、
今後の方向性と、美味しいお餅(ブログでは二度目になりますが)を紹介します。

ブログは交際が一段楽するまでは続ける意思は前々回に書きました。
そこは変わりませんが、恐らくこの先は他の方々のブログへの訪問頻度等が、
大幅に落ちると思います。

理由の1つにブログもそろそろ飽きてきたというより時間の関係上、
これまでのような更新頻度を維持することが難しくなりそうな点。
安定した更新、5月は頑張ります、6月も何とかなるとは思いますがその先は怪しい。

といっても止めはしません。
私がブログを続けている一番の理由は、
今日のような批判的な記事を書きたいと思ったとき、
ある程度の閲覧者数を見込める場所に投稿したい、それが真の目的。

私が作った私の庭であれば何を書こうが言論の自由。
かつ私はどこに行っても自然と目立つという個性のおかげで、
ここに残した言葉は沢山の方に読んでもらえる。

アメブロさんにはもう十分お世話になりましたし利用もさせて頂きました。
彼女と出逢えたのもブログのおかげ。

ですので批判記事の他、情報提供的なブログも頻度は下がりますが続けます。
勿論交際記事も二人暮らし開始までは今まで通りしっかりと。

ですが高飛車な言い方ですが、もはやこのブログは、
意図的に宣伝し誰かに読んで貰うよりも、読ませてあげている。
読みたい方がいるから続けている面が強いのです。

平凡なブログは自分で宣伝しない限り100アクセスも見込めないでしょうが、
私の場合は内容の毒々しさと個性、加えて信憑性の高い情報ゆえ、
勝手に人伝に広がり、検索エンジンにも拾われますからね。

こんな風にどれだけ高飛車な書き方をしようとも、
アクセス数も訪問者数も下がらないでしょう。

ブログは読んでもらうためのものよりも勝手に読まれるものでありたい。

目立つ事は嫌いではない。
むしろ好きなことは何でも目立ちたい、脇役にはなりたくない。
目立ちたがり屋な性格でしたので続けていましたが、
ランキングシステムが変わりましたね。

現状のランキングシステムは1つのテーマしか選べず、
それに添った内容でなければランキングから外されるとか。

新しいランキングについて、何も理解していないのです。

とりあえず、自分で試してみない事には何も分かりませんので、
30代夫婦、カップルというジャンルにエントリーしてみました。

運営様が読んでチェック後に反映という形だそうですが、
前々回の記事は半分交際を含んでいたためか承認され、
約4,400アクセスで21位。
上位はやはり公式トップブロガー様ばかり。

こりゃ目立つのは無理、思っていましたが、
記事別ランキングでは予想外の2位。
一時的な記事ランキングとはいえ、公式の方より上に表示されるとは驚き。

色々と不便さが目立つ物の、運営さんチェック後に反映のシステムは、
不正アクセスランカーを弾く意味では良いのかもね。





ただ私のブログ上ではランキング未参加の状態のまま。
旧ランキングから新ランキングへ以降させても、
ブログ上に表示させるにはどうすれば良いのか。

時間の経過で自動反映されるのか、何か操作が必要なのか、
よく理解していないのですよね。

何方かその辺りを教えていただけると嬉しいです。

そして交際とは無関係のこういう記事を書くとどうなるのかな?
ランキングから外れるのか否か、それも含め検証中です。

テーマ外の記事を書いて本当にランキングから外されるようであれば、
「交際」という幸せではあっても時間も体力も必要とする、
重要なものが出来た今、ブログに時間を割くのもね・・・

交際記事は楽しく書いておりますが、所詮逢えない時間に行う時間つぶし。

ゴールデンウィーク二人で過ごした時間で改めてそう思った。
二人で一緒に暮らしたらブログに裂く時間なんて殆どないよねって。

その後はどうなるか不透明なブログですが、
二人での交際記事をたまにあげつつ、社会批判を書きたい時にここで吐き出し、
コメント等はいずれ閉鎖させるかもしれません。
追々の話、当分は今の方向性と更新頻度で続けます。

最後になりましたが、関西方面の方はご存知でしょうこのお店。
東日本及び九州方面の方が奈良県に来られた際には是非立ち寄って頂きたいのです。

写真よりも動画の方が間違いなくインパクトはあるでしょう。
特に後半部分はアートです。



一緒に暮らしたら必ず訪れたいお店の1つ。

目立つ場所にありリーズナブルで何といっても美味しい!
奈良に来られた際には是非立ち寄って下さいね。

交際記事は次の次に書きます。
ここのブログにアクセスが集中しているのも一時的。
私が飽きればそれで終わり、飽きなくても長持ちはしないでしょうから、
その間に紹介しておきたいものを集中的に書いておこう。

しかし、食事制限もロクにできないこの意思の弱さはどうにかならないものか。
大型連休、相当な無茶な食生活をしてしまった分節制しないとなのですが、、、

追記 コメントがしつこすぎる上、虚言癖或いは認知症の疑いがありますので・・

切り札って何のこと??とお思いの方もいるでしょうから、
彼がご自身のブログで宣言された言葉をここに残しておきます。
リブログは、通知が行くようですのでどんなコメントが来るか楽しみです。




私は彼の弱点を見抜いていました。切り札を出したのは、最後の最後。
しかし、あれをやってしまたら、彼はリアル社会では、
まっとうに生きていけなかったでしょうね。
でも、彼が仲裁に入っていただいた元ラガーマンの言う
ことを素直に聞いてくれたので、切り札は取り下げます。

しつこくコメントを繰り返すよりも、早く切り札を出しなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。